これまでにホノルルやワイキキのあるオアフ島は無論のこと、ハワイ島やマウイ島にも行っていますが、現地で必ず見かけるのが日本人、特に新婚さんです。

ハワイで日本人の少ない場所
ハワイで日本人の少ない場所
ハワイで日本人の少ない場所

これまでにホノルルやワイキキのあるオアフ島は無論のこと

これまでにホノルルやワイキキのあるオアフ島は無論のこと、ハワイ島やマウイ島にも行っていますが、現地で必ず見かけるのが日本人、特に新婚さんです。

これまでに行った中で、唯一、同一ツアー参加者以外日本人に出会わなかったのが、マウイ島の沖合10マイルほどに浮かぶラナイ島です。

正確には人間にあまり出会わなかったというほうが正解かもしれません。この時は、マウイ島のラハイナから船で渡る日帰りツアーでした。
片道1時間弱で行くことができます。
ラナイ島は大部分が手つかずの自然がそのまま残っており、島内の町も港のあるマネレと中央部のラナイシティぐらいしかありません。そのほかはパイナップル畑か、森林か、広大な赤土と岩の大地のみという島です。
何組か見かけた観光客のほとんどが白人の家族連れで、どちらかといえば長期滞在的な旅行者が多いのが特徴です。
マネレ港の近くにあるフロボエビーチが広い砂浜のビーチになっており、のんびりとビーチサイドでくつろく旅行者を何組か見かけました。

宿泊施設はフロボエとラナイシティにあります。島内の移動も4WD車で道なき道を走る感じで移動中も景色とスリリングが味わえます。
特に神々の楽園と呼ばれる一面が赤土の砂漠は幻想的です。

海岸線に出れば、ところどころで野生のウミガメやアザラシを見かけることができ、まるで昔あった『青い珊瑚礁』という映画を彷彿とさせます。

PickUp

  • ネイティブ講師陣のレッスンが受けられる英会話スクール。


Copyright(c) 2017 ハワイで日本人の少ない場所 All Rights Reserved.